• TOP>
  • 津高進学ゼミについて
津高進学ゼミ&SOLEILについて

地域に根ざした「小さな塾」を目指して

津高進学ゼミ&SOLEILは小さな塾です。小さな塾だからできないこともあります。でも、小さな塾だからこそできることがあります。津高の地で生徒一人ひとりに目を向け、力を伸ばし、将来の可能性を最大限に広める指導を行います。塾長 川東 新悟

津高進学ゼミは

塾長が生まれ育った津高という地で、たとえ小さくてもこの地域に深く根を下ろし、自ら「進んで学ぶ」ことのできる子どもたちを育てていくことのできる塾でありたいと考えています。

SOLEIL(ソレイユ)は、

フランス語で、太陽、おひさま、という意味です。SOLEILはイソップ物語にある北風ではなく、おひさまのように子どもたちが身につけた消極的なマイナスの思考・概念を脱ぎ捨てさせ、積極的なプラス思考・概念を身につけてもらい、子どもたちが、明るく、楽しく、元気よく、おひさまのように光り輝きながらひとりひとりの夢に向かって歩んでくれることを願って、個別クラスを開設するのを機に新たにつけた名前です。
(塾長の飼い犬のアイリッシュセッターの名前もソレイユといいます)

▲ ページの先頭へ

プラスの思考・概念を持たせて生徒の力を引き出します

東大だって「いける」と思ったらいけるかもしれない。
でも「いけない」と思ったら絶対いけない。
なぜなら絶対ありえないと思うことに対して人は努力しないから。

もしかしたら努力していたら出来たかもしれない。
消極的なマイナスの思考や概念は、子どもの可能性を失わせてしまいます。

津高進学ゼミ&SOLEILでは、学習の中でマイナスの思考や概念をプラスの思考に変える指導を行っています。苦手な教科を苦手のままにするのではなく、努力すれば乗り越えられること、そしてその力を自分が持っていることを気づかせてあげることで、学ぶことの楽しみを知り、勉強だけでなく人生においても自分で問題を解決し、目標に向かって自ら進んで学ぶ力を持った子に成長します。

こうした心の変化に、結果は必ずついてきます。
私たちはこのことを指導方針とし、生徒達の指導を行っています。

生徒達の”できない”を無くす、プラスの思考法を身につける指導を行います
これらの言葉を完全に捨ててください。これらの言葉を自分のものにしましょう。私はできないやれるかなどうかなわからない時間が無いたぶん自信がない信じられない”私が””私が”私はできる必ずやるよい結果を期待する理解する時間をつくる断固として自信がある信じる”あなた”という言葉を多く「念ずれば花ひらく」坂村真民あなたが心に生き生きと描き熱烈に望み深く信じ熱意をもってその為に行動すればどんなことでも必ず実現する。

「夢」
写真の文字は真民さんに書いていただいた「夢」です。
この真民さんの書を見ていると「夢」とは金銭や自己の名誉のためにあるものではなく、縁ある人たち、生き物を幸せにするものではないかと思います。
子どもたち一人ひとりが、そんな夢に対して真剣であってほしいと思います。

そして津高進学ゼミ&SOLEILは、子どもたちの夢の実現に向けて、真剣に取り組みます。

▲ ページの先頭へ

楽しく、多くのことを学べる塾へ

津高進学ゼミ&SOLEILでは、ただ勉強だけを教えるのではなく、様々な出会いや経験を通じて心を育て、人生で必要な多くのことを学べる塾をめざしています。

ハロウィンパーティー

小学生英語クラスは楽しいイベントが盛りだくさん!
魔女先生のまわりには怪しい子どもたちが!
教室の装飾もみんなでハロウィン色に染めました。

クリスマスパーティー

小学生英語クラスの12月のイベントはクリスマスパーティーです。この日の教室はサンタさんでいっぱい!
中学生も「クリスマスしたい!」とうらやましがっていました。

みんなで歓迎

皇太子殿下が岡山に来られたとき、塾の前を通られると聞いて、塾にいた生徒みんなで歓迎の旗振りに行ってきました。

特別レッスン

英語の先生の友達がオーストラリアから遊びに来てくれたので、特別レッスンをしてもらいました。
生徒たちも大喜びで良い体験になったと思います。

ホストファミリー

塾生の家で、ニューヨークから来た高校生10名のHostFamilyを引き受けてもらいました。

塾長の家にもIzzyが3年連続滞在。
奥先生と吉備津神社の回廊で記念撮影しました。

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページの先頭へ
  • 漢検
  • Suken 数検
  • 英検
  • 児童英検

当塾は各検定の準会場です。
塾生およびその保護者、ご兄弟姉妹の方は当塾で受験することができます。